2003/07/28

2003 Tour de France

Etape 20 VIlle d'Avray - Paris 152km
ステージ‐トップと同タイムのの59位  総合‐1分1秒秒遅れの2位
ハロー、ファンのみんな! 

ツールはとうとう終わってしまったね。 まず何よりみんなのサポートに感謝が したいよ。ツールの間やここ数ヶ月の間、本当にたくさんのメールをみんなから 受け取ったよ。 それらの手紙は本当に僕に力を与えてくれたんだ。みんなの おかげでこんなに上手くいったんだ。 ZDFが今までの最高視聴率を記録した って聞いているよ。本当にたくさんの人が僕たちを見ていてくれたんだね。   みんなは僕がここに戻ってくるのを本当に助けてくれたんだ。だから僕ばツール で素晴らしい成功を収めたことはみんなのおかげでもあるんだよ。 来年も アタックしに戻ってくるって約束するよ! 本当にありがとう! ヤンより

ウルリヒ選手「総合2位は期待した以上の成果だ。すばらしいツールになったと思う。 でも昨日 のタイムトライアルはとても残念な結果に終わった。僕はあのステージ を獲りたいと思っていたし、総合でもアームストロングとの差を詰めたかった。  もしかしたら彼を倒したいっていう僕の考えはちょっぴりクレイジーだったのかな。。。。 でも出来るって信じていたんだ。  (アームストロング選手に対して)彼は本当 に物凄いプレッシャーがあったはずだ。でもその中ですばらしいパフォーンスを みせた。彼は僕らの世代でもっとも素晴らしい選手だ。」

Etape 19 Pornic - Nantes 49km(Individual Time Trial)
ステージ‐トップから25秒遅れの4位  総合‐1分16秒秒遅れの2位
ハロー、ファンのみんな! 今回もまた総合2位だね。でも2ヶ月前にはこんな
ことが可能だなんてちっとも思っていなかったよ。だからとっても大きな自信になった。  でも本当に良いレースができた。今回はアームストロングのすごく接近したものね。 来年は、もうコースト問題も起こらないと思うし、もっとしっかり調整して臨むつもりだよ。  タイムトライアルが終了して数時間、僕はとっても落ちこんでいたんだ。朝おきて 窓の外が雨だったとき、総合での逆転は厳しいなって思った。でもステージは獲ろう と決めていた。 道路は猛暑のあとの雨でオイルや、ゴム、砂が入り混じっていたん じゃないかな。僕はあそこでリスクを犯したわけじゃないんだ。 運が去ったのかな。  でも僕は大きな怪我をしなかった。これが一番大切なことだよね。 今はね。パリの ゴールがとても楽しみなんだ。 パリにはガビーとサラが待っているんだ! ヤンより

Q:落車したときどんな気分だった?
Jan:特にリスクを負っていたわけではないんだ。何人かの選手があの場所 で転倒しているときいてたから注意していた。もしかしたらオイルかなんかが あったのかもしれない。しして僕も落車した。それだけのことだ。 どこも怪我 しなくて幸運だったと思う。
Q:総合優勝を逃して残念だった?
Jan:総合で逆転するのは難しいと思った。でもステージ優勝は欲しかったんだ。
Q:やっぱりアームストロングは倒せないのかな?
Jan:そんなことないよ。僕は今年は本当に総合争いができるなんて思っていな かったんだ。 僕には来年がある! うん。来年は僕の年になるんだ!
Q:なんで今年、君は強かったのかな?
Jan:アルプスでは全く強いと思わなかったよ。熱があったしね。もしあそこ で体調が戻らなかったら走りつづけることができなかったんじゃないかな。 今年は冬からずっと怪我や病気が なかったんだ。そしていつもいい結果がで ていた。だからいっそう楽しかったんだ。
Q:ツールの間、恋人とは連絡をとっていたの?
Jan:サラが生まれた日には僕はツールのために出発しなければならなかった。 とってもつら かった。でも携帯電話を通してちょっとだけ家にいる気分になれたよ。 サラが電話越しに泣くんだ。でもようやくサラをだっこできるよ。ガビーとサラが パリにやっていくるんだ。
Q:"Papa-Ulle(ウルリヒ君の愛称)"ってどんな感じ?
Jan:できるだけ一緒にいて、僕はサラをお風呂にいれたり、あやしたりしたいんだ。 普通の父親がやっているようにね。今からとっても楽しみだよ。
Q:できるだけ一緒にって・・ レースに連れていくの?
Jan:まさか! サラは家で育つんであってスーツケースで育つんじゃないよ。 もうちょっとサラ が大きくなったら、ガビーも簡単にサラを連れて僕のところに来れるよね。
Q:このツールで得た最も大切なことって何?
Jan:僕はまたこの世界に戻ってきた。僕はこのツールでこのことを証明したかったんだ。 でも 僕は僕のポテンシャルをまだ100%発揮していない。そして僕には僕が 100%信頼している チームがあるということだ。このツールの間チームメートは 本当に僕の為に尽くしてくれた。 信じられないくらいだよ。自分の順位を下げて まで僕の為に尽くしてくれた。僕にとってはみんながツールの勝者なんだ。 本当にチームメートには感謝している。

Etape 18 Bordeaux - St.Maxient L'Ecole 203.5km
ステージ‐トップから24分05秒遅れの24位  総合‐1分5秒秒遅れの2位

Etape 17 Dax - Bordeaux 181km
ステージ‐トップから8分06秒遅れの27位  総合‐1分7秒遅れの2位
ハロー、ファンのみんな! ツールも終盤に向かっているね。最初の2週間は ものすごく暑かったし、スピードも速かった。とてもハードなレースだったよね。 だから僕は「みんなが勝者」といってもいいんじゃないかなって思うよ。  昨日のピレネー最終日は大きな変動は起こらなかったね。だれも弱みをみせ なかった。でもタイラー・ハミルトンが素晴らしい走りをみせたね。 初日に肩を 傷めたにもかかわらず140kmも1人で逃げたんだよ! これからの2日間は タイムトライアルのことだけを考えて走るつもりだよ。 と同時に家に帰るのが とっても楽しみなんだ。サラ=マリアの泣き声は電話を通してだけだもんね。 早くこの手でだっこをしたいよ。 ヤン より

Etape 16 Pau - Bayonne 197.5km
ステージ‐トップから1分55秒遅れの17位  総合‐1分7秒遅れの2位
ハロー 、ファンのみんな! 自転車競技はとってもハードスポーツなんだ。 だからこそフェア・プレーが要求されるんだと思う。僕は2年前にアームストロ ングが僕を待ってくれた、もしその事実がなくっても同じ行動をとったと思うよ。I  でもマヨとツベルディアのスプリントは良くないよね。彼らにはボーナス・タイム は必要なかったのに。 僕は1989年のレモンとフィニョンが激しく争ったツール をテレビで見ていた。この時のような接戦になるんじゃないかな。 僕は毎日自分 のチャンスを探すつもりだ。僕だって今年のツールを勝ちたいんだ。それにこんなに アームストロングにタイムが接近していたことはないからね。 もし土曜のTTで 数秒差になったら日曜もアタックするつもりさ。 ヤンより

Etape 15 Bagneres de Bignorre - Luz Ardiden 159.5km
ステージ‐トップから40秒遅れの3位  総合‐11分7秒遅れの2位
ハロー、ファンのみんな! 今日のステージは僕人生で忘れることのできない ものとなりそうだよ。アームストンログが突然落車してマヨも巻きこまれた。 僕はあわやというところで逃れた。 僕はアームストロングが大した怪我でない ことを確認した。何て幸運なんだ。だってこんなアクシデントでツールが決まって きまうなんて耐えられないもんね。たとえアームストロングが観客に近すぎる位置 で走っていたという事実をもってしても。僕はこの時アタックしようと思わなかったよ。  フェア・プレーっていうのは自転車競技の特色なんだ。2年前、僕が落車した時アーム ストロングもアタックしなかった。 直後のランスのアタックも問題ないよ。今日の ランスは僕より強かった。ただそれだけだ。 僕はこれでもう全てが決まったとは 思っていない。シャンゼリゼにゴールして初めてきまるんだ。 ヤンより
Etape 14 Saint Girons - Loudernvielle 191.5km
ステージ‐トップから1分24秒遅れの12位  総合‐15秒遅れの2位
ハロー ファンのみんな!   今日は全てが決まってしまう?特に僕の友人でもあるアレクサンドル・ビノ クロフはリュザルディダンの超級山頂ゴールめがけて今日もしかけてくるはずだよ。  ビノはとても高いレヴェルで戦いを挑んできている。こんなに上位3人が最終週 に入ってもタイム差がなかったことは今までのツールでなかったんじゃないかな。  昨日アームストロングはヴィノを追いたくなかった。僕も彼のそばに留まり、 彼を観察することにした。彼の調子は上がりつつあるように思えた。今日は何か してくるはずだ。 僕は僕にチャンスがやってくるのを待つつもりだ。僕はいい感じだ。 僕は今日最大限の努力をするつもりだ。 戦う準備はできているよ! ヤン

Etape 13 Touloise,Cite de l'Eapace - Ax Trois Domanies 197.5km
ステージ‐トップから1分01秒遅れの2位  総合‐15秒遅れの2位
ハローファンのみんな!  僕らの前にはまだまだ厳しい山岳ステージが待ち構えているよ。 アルプスは 1m1mが僕にとって苦しみを伴った。僕は”良い足”があれば何度でもア タックするつもりだ。マイヨ・ジョーヌを狙うチャンスがあれば獲りにいくつもりだ。  僕の良い友人であアレクサンドル・ヴィノクロフ(テレコム)はツール・ド・スイス 優勝のあととっても落ちついているよね。他にもスペインの選手がとても強い。 100周年記念ツールだもんね。みんなが勝ちたいんだ。 ランス・アームストロング はそれでも彼がまだマイヨ・ジョーヌを着ている。彼は最強のチームを持っている。 もし彼が”良い足”を持っていればまた全てが変わってしまうんだ。 ヤン

Etape 12 Gaillac - Gap'Decouverte 47km(Individual Time Trial)
ステージ‐58分32秒でステージ優勝  総合‐36秒遅れの2位
ウルリヒ選手「昨夜はとてもナーバスな気分になっていた。リラックスするために ゆったりと夕食をとった。そしてゆったり休むようにした。 今朝コースを試走した。 そこで僕は前半を押 え気味に走るべきだと思った。いくつかの危険なカーブが あるし、そこでリスクを犯したくない。走るうちにどんどん調子が上がってきた。 最初のチェックポイントでランス・アームストロングよりいいタイムを出していると聞いて、 力が沸いてきた。スタート前に水分を充分にとっ ておいた。暑さが異常だと知って いたから。僕はこのツールで総合争いをするような選手だとは思っていなかった。 他の多くの人がどう思っていようとね。僕はステージ優勝が欲しかった。でもこんな スゴイ勝利を期待してなんかいなかった。アームストロングとのタイム差 (1分 36秒)をきいて本当に驚いている。 僕はレース前半病気だった。 多分何か悪いものを食 べたんだと思う。そしてアルプスではタイムを失った。 でも僕のチームはTTTですばらしい成 果をだした。 ここ数日は体調も回復し つつある。だからといってこれからのステージがハードだということ は変わらない けどね。僕はマイヨ・ジョーヌを獲りに行くべき位置にいるとわかっている。でも 僕にとってマイヨ・ジョーヌは来年以降の仕事だと思っている。今日は確かに 素晴らしい日だった。明日は何が起こるかわからない。これからのピレネーでの 3ステージは僕の最大の試練だと思う。僕の病気と今日の疲れが明日以降、 どうレースに影響するかわからない。ピレネーは本当に厳しい。でも僕だけで なくみんなが苦しいんだ。今言えることはこの暑 さが僕にアドヴァンティジを 与えているとおいことだ。そして今日のパフォーマンスがより強いモチヴェーションを 与えてくれた。 」

Etape 11 Narbonne-Toulouse 153.5km
ステージ‐トップから42秒遅れの12位  総合‐15秒遅れの2位
ハロー ファンのみんな!  僕の体調は日に日に良くなって行くよ。タイムトライアルがツールの鍵を握って いるといわれている。でも僕は山岳が勝負になると思っている。 今日も35度以上 の暑さだった。 僕は朝にタイムトライアルのコースを試走しようと思う。 作戦を立てるためにね。 ヤン

Etape 10 Gap - Marseille 219.5km
ステージ‐トップから21分23秒遅れの34位  総合‐2分10秒秒遅れの6位

移動日
ハロー ファンのみんな!
   今日はレースがなかったよ。でもゆっくりなんかできなかった。 たくさんのメディアが追っかけてきたからね。ちっとも休むことができなかった。  これまでの僕の成績はとても素晴らしいと思う。かなり苦しかったけどね。 まだアームストロングから総合で2分10秒遅れの6位だ。まだツールはオープン だ。僕に言わせれば今年のツールはピレネーで決まるんだ。 僕は僕のチーム を本当に誇らしく思う。チームは僕をとてもサポートしてくれている。僕らは山岳や TTでビアンキが最強のチームの一つだと証明できたと思う。他にも強い風が ふけばチームの誰かしらが風から僕を守ってくれた。 もし僕がこれからの数日 のレースを楽しみにしているか?ときかれたら”NO”と答えるよ。だってとても 厳しいレースだから。ハイスピードで35度から40度の中を毎日走るのは本当 に強靭な身体を要求される。うん。楽しみなんかじゃない。 勝利はこの苦しみ に最も耐えることの出来た選手もものなんだ。僕はまだ限界まではきていない。 そこで僕がアタックする足があるかどうか知るんだ。  ヤン

Etape 9 Bourg-d'Oisans - Gap 184.5km
ステージ‐トップから36秒遅れの5位  総合‐2分10秒遅れの6位

Etape 8 Sallanches - L'Alpe d'Huez 219km
ステージ‐トップから3分36秒遅れの13位  総合‐2分10秒遅れの8位
ハロー ファンのみんな!  僕はまたアタックするよ! 僕はここ数日の病気から復調しつつあるよ。 ラルプ・デゥエーズの登りは思ったより悪くなかった。僕は体調不良を 知られたくなかったよ。山岳の前に弱みを見せるわけにいかないからね。 僕の総合順位は悪くないよ。失ったタイムも最小限にとどめたつもりだ。 僕はまだ諦めていないよ。僕のコンディションはこれからも上がっていくから。  ツールはまだ2週間続くんだ。今日は最後のアルプス越え、そしてタイム トライアルが2度もあるし、ピレネー越えだって待っているそれにこの暑さ。 僕らには強靭な身体が要求されているんだ。 まだ何一つきまっていない。  僕はまたアタックするよ! ヤン
Etape 7 Lyon - Marzine 230km
ステージ‐トップから4分06秒遅れの21位  総合‐3分15秒遅れの9位
ハロー ファンのみんな!  アルプス初日から驚きのステージになったね。僕はロルフ・アルダーグ (テレコム)の成果をとっても嬉しく思うよ。本当にスゴイよ。ロルフ! 逃げたヴ ィランクが今日のステージをとったね。プロトンはUSポスタルがずっとハードに 働いていた。僕はアームストロングの後ろで彼のコンディションをずっと睨んで いたよ。 今日驚いたのはボテーロとシモーニが遅れてしまったことだよね。 彼らにそって総合優勝はかなり難しくなった。 でもまだ何一つきまっていないんだ。 今日はラルプ デュエースの頂上ゴール。 今日、僕は自分の力を知ることになるよ! ヤン

Etape 6 Nervers - Lyon 230km
ステージ‐トップと同タイムの19位  総合‐39秒遅れの12位
ハロー ファンのみんな!  明日からは3日間合計680kmと厳しいアルプスの山々が待っている。  今日は230kmの距離だった。気温は30度以上だった。僕にとっては つなぎのステージだけど多くのことが要求されるステージだった。  僕らビアンキの選手にとっては山岳にむけて力を温存しておくことが 大切だ。でも何人かの選手はステージ優勝めがけて走るけどね。  僕らは健康を保とうと努力しているよ。体調を崩していたフェリックス・ ガルシア・カサスもよくなりつつある。 今日はアームストロングのチーム にとって良い日だったね。ビクトル・ユーゴ・ペーニャが29才の誕生日を 迎えたんだ。僕らは昨夜同じホテルだったよ。 ヤン

Etape 5 Troyes - Nervers 196.5km
ステージ‐トップと同タイムの39位  総合‐39秒遅れの12位
Etape 4 Joinville - Saint Dizier 69km (Team Time Trial)
ステージ‐トップから43秒差の3位(1h 19' 20")  総合‐39秒遅れの12位
ハロー ファンのみんな!  僕は僕のチームを本当に誇らしく思うよ!僕らがチーム・タイム・トライアルで 3位になるなんて誰も予想していなかったことだよ。でもこれは僕のチームが 弱いからなんかじゃないよ。決して。ここ数ヶ月いろいろあったからさ。 このチ ーム・ビアンキ発足のために、僕らがツールに出場できるようにルディ・ペヴェナ ーシュとヤッケ・ハネグラーフは寝ずに働いた。 そしてこの日のために新しい バイクが前日にビアンキから届けられた。メカニックたちは朝早くからこのバイク の調整に入った。 ツールでの僕らの活躍をみて新しいスポンサー達が僕らの チームに興味を示していると聞いている。ビアンキが来年以降強くなるためにね。  僕らの目標はビアンキが世界最強のチームになることなんだ。 ヤン
Etape 3 Charleville Mersires - Saint Dizier 167.5km
ステージ‐トップと同タイムの18位  総合‐12秒遅れの6位

Etape 2 La Ferte sous Jouarre - Sedan 204.5km
ステージ‐トップと同タイムの21位  総合‐12秒遅れの6位

Etapte 1 Saint Denis , MOntgerin - Meaux 168km
ステージ‐トップから1分24秒遅れの12位  総合‐6秒遅れの4位
ハロー ファンのみんな!  今日の落車に巻きこまれなくて僕はとてもラッキーだったと思う。僕はレース 中ずっと前目を走るよう心がけているよ。落車をできるだけ避けるためにね。 でも今日は先頭で起こったね。 ツールの前半はいつも危険だ。みんなが ナーヴァスになって前へ前へと行きたがるからね。僕はプロトンが早くおちついて 走れることを願っているよ。みんながゴールできるようにね! ヤン

Prologue Paris 6.5km (Individual Time Trial)
ステージ‐トップから2秒差の4位(7' 28")  総合‐2秒遅れの4位
ハロー ファンのみんな!  僕が思っていたよりいいスタートが切れたよ。だってほんの数秒だけど アームストロングよりいいタイムが出せたもんね。 このことは僕にとって 大きな自信になったよ。とはいってもまだ最初の6.5kmに過ぎないけどね。  僕が知っている限りで今日落車した選手はいなかったよ。みんなが明日の 第一ステージをスタートできそうだよ。 ヤン

Team Bianchi
Sports Director : Rudy Pevenage(BEL) Alain Gallopin (FRA)
131 Jan Ullrich (GER)
132 Daniel Becke(GER)
133 Angel Louis Casero Moreno (SPA)
134 Felix Garcia Casas (SPa)
135 Aitor Garmendia (SPA)
136 Fabrizio Guidi (ITA)
137 Thomas Liese (GER)
138 David Plaza (SPA)
139 Tobias Steinhauser (GER)