2004/03/31

2004.03. News

2004.03.31 クーチン氏はポーランドチーム・ヘッドコーチ。 ホルンガッハー氏も・・・・・・
 かつての世界チャンピオンであるハインツ・クーチンはポーランドと
1年契約を結んだ。すなわちワールドカップ個人総合優勝3度のアダム・ マリシュを指導することになる。 更にレピステ氏の下でアシスタント・ コーチとして働いたホルンガッハー氏もポーランドのBチームのヘッド コーチとなりことを認めた。 「我々の目標は2006年の世界選手権までに 強いチームを作ることだ。私はトレーニングに関する自分のコンセプションがある。 ポーランドでは本当に自分自身の考えで働くことができるんだ。」とクーチン氏。

2004.03.30 「僕はもう一年続けるよ!」
 29才のチロラー、ヘルバルトは「僕はもう一年現役を続けることに決めた」と 発表した。今シーズンヘルバルトはザコパネで優勝、総合でもオーストリア最高の 5位で終えた。ヘルバルトはレピステ氏がフィンランドへ帰ってしまったことが残念 なようだ。「ハンヌとはいい関係だったことは言うまでもない。」と同時にポイントナー氏 との関係も非常に楽しみにしている。「僕はハンヌともっと協力していけないかなって思 っている。例えばパーソナル・コーチとして・・」「僕のほかにモルゲンシュテルンも同じよ うに考えている。」 ヘルバルトは妻のアレクサンドラとの間に2人目の子どもが生まれ ようとしている。息子のニコに妹のアンナが4月末に生まれる。   ゴルドベルガーはどうか。「人はもっと強くなるために新しいことに挑戦しなきゃならない。 もしくは違うものを求める。まったく違うことをするのもいいんじゃないかなって思うよ。」 とリンツでのインタースポーツのイベントで語った。しかし最終決定はバケーション後 にしたいとのことだ。

2004.03.29 FISによるウェイトコントロール構想?!
 ジャンパーは来シーズン以降、FISによるウェイトコントロールが行な われるだろう。先日FISの会合が行なわれた。そこに参加したインナウアー 氏が認めた。 WHOの報告では男性は180cmで60kgが最低ラインと報告 している。「非常に有意義な話し合いが行なわれ、満足いくものだった。」と インナウアー氏。最終決定は5月末の委員会でなされる。

2004.03.22 新コーチはポイントナー氏に決定!
 ポイントナー氏が次期コーチに決定した。33才のポイントナー氏はBチーム の責任者として、その前はリップブルガー氏、インナウアー氏とともに働いていた。 3年の契約となる。インアウアー氏はポイントナー氏の就任に関して「新世代の コーチの誕生」と喜んだ。 3人の父親でもあるポイントナー氏は「チームが私に もたらしてくれるであろうものに自信をもっている。そして、既に成功を収めた選手 たち、これから才能を開花させる選手たちと働くことができることはとても光栄だ。 私は期待に胸を膨らませている。そして選手とこの熱狂を共有できることを望ん でいる。」 「目標は団体でのメダル獲得だ。すなわち最強のチームを作ることだ。」  ポイントナー氏のアシスタント・コーチに関してインナウアー氏は「ホルンガッハー 次第だ。」と答えた。 ポイントナー氏とは3年契約。次の3年は05年オベルストド ルフ世界選手権、06年トリノ五輪、07年札幌世界選手権が開催される。

3004.03.17
インナウアー氏によると5月末、もしくは6月初旬にマテリアル、ウエイトコント ロール等に関する新ルールがFISで話し合われるとのこと。決定後にゴルド ベルガー選手とヘルバルト選手が現役を続行するかどうか決定するのでは と考えている。 コーチ問題に関してはポイントナー氏かフェルダー氏のどちらか になるとの見解を示した。

2004.03.09
ヘルバルト選手は奥様が妊娠中の上、息子さんが急病だとかでオーストリアに 急遽帰国。

2004.03.09 来年のコーチは誰??
 10日のクオピオ戦がレピステ氏の最後の試合となる。インナウアー氏と 話し合われた結果だ。 残りの3試合に関してはホルンガッハー氏が監督となる。  ホルンガッハー氏の来年に関してはいくつかの可能性がある。オーストリアの ヘッドコーチ、他のクラスの責任者、そして本人は「ポーランドをはじめいつくつかの 外国からオファーがきている」ことを認めた。 どうするのか?「もちろん僕の心は いつもオーストリアさ。でも何か新しいことにチャレンジするのも良いことだと思う。 で僕はどちらかというと少年たちのために働きたい。」

2004.03.06
クロメシェクヘッドコーチがシーズンを振り返り「みんなよくやったと思う。4選手が それぞれ表彰台に上がったんだから。こんな成功は今までなかった。 ただ優勝がなかったのが残念だけどね。」

2004.03.06
 シーズンを総合4位で終えたゴットバルト選手。あと3年(2005,2007世界選手権、 2006オリンピック)は現役を続ける意志とのこと。「今年はそんなに悪い年だった とは思わないな。このまま4月の終りまでトレーニングを続けるつもり。来年に向 けてね。僕はまだ勝てるって信じているんだ。たとえ今年それを証明できなくって もね。だってこのスポーツは僕にとってまだとても楽しいんだから。」

03/04 World Cup

2004.03.12 Lillehammer
12)Morgenstern 14)Loitzl 26)Goldberger 29)Kofler 40)Mueller 46)Koch 49)Kaiser


2004.03.10 Kuopio
9)Morgenstern 17)Loitzl 26)Kofler 29)Goldberger 34)Schneider Koch 39)Mueller


2003.03.07 Lahti
インナウアー氏「なぜチーム全体がこのような調子になってしまったのかわからない
。チーム がアメリカから帰って来た時、すでに沈んでいた。モルゲンシュテルンだけが
良い成果をあ げたいと頑張っているかのようだ。」"
12)Morgernstern 19)Loitzl 31)Schneider 33)Goldberger 38)kofler


2004.03.06 Lahati
5)Austria (Loitzl Widhoelzl Kofler Morgenstern)


2004.03.06 Lhati
2)Gottwald 9)bieler 19)Stecher 32)Denifl 34)Zauner 38)Kreiner 43)Gruber


2004.04.05 Lahati
2)Gottwald 6)Bieler 11)Stecher 32)Gruber 33)Denifl 35)Kreiner


2004.02.29 Holmenkollen
シュテヒャー選手「ここ数年ホルメンコーレンでは上手く行かなかった。だから
この台にはもう 好かれていないんだな。って思っていた。僕は良いマテリアル
に出会って、3週間前にビジョ フスホーヘンでトレーニングした時から良い
ジャンプが飛べることを知っていたんだ。でもこ こ、ホルメンコーレンで初めて
トレーニングの成果がでたよ。」
3)Stecher 6)Bieler 10)Gruber 19)Denifl 23)Kreiner 38)Zauner 39)Gruber


2004.02.28 Holmenkollen
4)Stecher 13)Bieler 16)Gottwald 26)Gruber 30)Denifl 35)Kreiner 38)Zauner


2004.02.28 Salt Lake City
6)Morgenstern 13)Hoellwarth 18)Schwarzenberger 19)Kofler 21)Loitzl 33)Kaiser 38)Liegle 45)Goldberger


2004.02.22 Leberec
クロメシェクヘッドコーチ「全体的に今日のジャンプはよくなかった。
風にも影響されたかもしれない。ゴットバルトに関しては
踏みきりがよくない。それだけだ。」
7)Stecher 9)Bieler 12)Gottwald 23)Denifl


2004.02.21 Planica(フライング選手権 個人最終成績)
13)Morgenstern 15)Loitzl 16)Widhoelzl 19)Hoellwarth


2004.02.20 Planica(フライング選手権 1日目)
レピステ・ヘッドコーチ「(個人選でのメダルのチャンスが消えて)
まだ団体戦でのチャンある。私は諦めるような人間ではない。」

ビドヘルツル選手「今日はとても難しいコンディションだった。
運がとっても必要な日だった。まだまだ僕は可能性がある。
とにかく200mジャンプを楽しみたいんだ。」

ロイツル選手「2本目は風が急に変わって数メートル損したな。(203.5m)」
14)Widhoelzl 15)Loitzl 19)Morgestern 29)Hoellwarth


2004.02.15 Willinegen
6)Austria (Liegle , Loitzl , Hoellwarth , Morgenstern)


2004.02.15 Oberstdorf
10)Gottwald 21)Stecher 26)Bieler 27)Gruber 30)Kreiner 38)Denifl


2004.02.14 Oberstdorf
クロメシェクヘッドコーチ「来年の世界選手権に向けて良い結果がだせたと思う。」
 3)Austria 1(Gottwald ,Bieler, Gruber) 4)Austria 2(Stecher, Denifl, Kreiner)


2004.02.14 Willingen
レピステヘッドコーチ「1本目はみんな幸運に恵まれていた。でも2本目はヘルバルト
とモルゲンシュテルンが強い追風でアンラッキーだったね。明日の団体に関しては
ベストの4人を使うつもりだ。順位は3位が目標。」
4)Loitzl 11)Hoellwarth 12)Morgenstern 13)Liegle 22)GOldberger 29)Mueller 35)Kofler 45)Widhoelzl


2004.02.07 Oberstdorf
8)Widhoelzl 13)Kofler 19)Liegle 23)GOldberger 27)Hoellwarth 32)koch


2004.01.26 Sapporo
6)Morgenstern 8)Hoellwarth 21)Loitzl 22)Schwarzenberger 25)Thrunbichler
28)GOldberger31)Kofler 39)Nagiller


2004.01.26 Sapporo
3)Bieler 7)Gruber 13)Gottwald 14)Stecher 30)Denifl


2004.01.25 Sapporo
ビーラー選手「とにかく嬉しいよ。ジャンプもクロカンもとても上手くいった。
だから今日のこと  は忘れることができないよ。」
 3)Bieler 4)Gruber 5)Gottwald 16)Stecher 27)Denifl


2004.01,23 Hakuba
5)Morgenstern 14)Schwarzenberger 15)Loitzl 20)Nagiler 21)Thrinbichler 43)Kofler 47)Hoellwarth 53)Goldberger


2004.01.22 Nayoro
ビーラー選手「ジャンプはとても上手くいったよ。でもクロカンがね。。
今日はワックスがあわなくって全くチャンスがなかったよ。とっても残念だ。」
6)Gottwald 14)Bieler 25)Gruber 26)Stecher 30)Denifl


2004.01.18 Zakopane
オーストリア勢約1年ぶりのワールドカップ勝利!!
ヘルバルト選手「マリシュよりほんのちょっぴり僕の方がラッキーだったんだ
と思う。でも天候や風がどうあれ、僕はいつも自分のジャンプに集中している
んだ。とにかく今日勝ててとても 嬉しいよ。ジャンプ週間から調子はとっても
よかったんだ。ただね・・あとちょっとの幸運に恵 まれていなかったんだ。
1)Hoellwarth 4)Kofler 6)Goldberger 9)Morgenstern 27)Nagiller 30)Widhoelzl 31)Loitzl 32)Schwarzenberger


2004.01.17 Zakopane
レピステコーチ「確かにウアマンは幸運だったが、その幸運をものにするの
も大切だ。確かに我々は幸運には恵まれていない。(ビドヘルツルについて)
彼はまだまだ多くのことに取り組 まねばならない。」
 4)Morgenstern 5)Hoellwarth 7)Kofler 18)Goldberger 20)Schwarzenberger 23)Loitzl 26)Nagiller 51)Widhoelzl


2004.01.12 Liberec
ゴルディの調子が上がってきたゾ!
ホルンガッハー・コーチ「今日もどちらかといえば風が強かった。試合は強風
にも関わらず、 みんな幸運に恵まれたと思う。審判は強風の場合、選手に
あと数秒与えるべきだった。」
4)Morgenstern 5)Goldberger 9)Hoellwarth 18)Kofler 21)Nagiller 22)Loitzl 31)Schwarzenberger 32)Liegle


2004.01.12 Seefeld in Tirol
ゴットバルト選手「マンニネンに留まるためにとてもハードなレースだった。
今はクロカンで10 0%の力ではない。でも今日は戦術が良かった。」

グルーバー選手「ジャンプの調子は良い。でもクロカンの調子を日本に
行くまでに戻なければ いけない。」
クロメシェク・ヘッドコーチ「とっても驚いて
いる。先週の転倒の後、ゴットバルトがレースに出場できるとすら思わなかった。
ビーラーにも頭が上がらない。彼は昨日に転倒したんだ。」
2)Gottwald 12)Gruber 15)Bieler 23)Denifl 27)Stecher


2004.01.11 Seefeld in Tirol
クロメシェク・ヘッドコーチ「確かに他国の選手の方が現時点では調子が
いいという事実を受 け入れなければならない。フェリックスは1週間トレ
ーニングできなかったし、マリオの今日の成果はセンセーショナルとい
える。」

ゴットバルト選手「今ジャンプの調子自体は悪くない。ここ1週間(
ドイツでのクロカンの転倒の 影響で)トレーニングができなかった。」

シュテヒャー選手「(嬉そうだね。と聞かれて・・)もしジャンプが上手くいけば、
それだけで僕に とってはすごいことなんだ。」
8)Gottwald 9)Stecher 26)Gruber 31)Denfil 34)Bieler


2004.01.11 Liberec オーストリア勢の勝利は2003年2月1日 クルム リーグル選手が最後・・・・
レピステ・ヘッドコーチ「また、勝てなかった。とにかく優勝しなければいけない。
2位は去年も今年もたくさんとった。」
. 2)Morgenstern 3)Hoellwarth 6)Goldberger 11)Loitzl 17)Kofler
23)Schwarzenberger25)Nagler 31)Liegl


2004.01.06 Bischofshofen
4)Morgenstern 5)Hoellwarth 18)Widhoelzl 21)Loitzl 24)Schwarzenberger
35)Thrunbichler39)Kaiser 40)Koch 42)Liegle 43)Muller 49)Schneider


2004.01.04 Innsbruck
5)Hoellwarth 7)Morgenstern 15)Loitzl 22)Liegle 24)Widhoelzl 28)Goldberger 31)Nagiller 32)Kaiser 38)Hafele 39)Schwarzenberger 41)Kofler 43)Muller 47)Thurnbichler


2004.01.04 Schonach
8)Bieler 16)Stecher 27)Gruber


2004.01.02 Reit Im Winkl
シュテヒャー選手「(92.5m飛んだけど、テレマークが入らなかったね。といわれて)
今の僕にとっね。ジャンプがしっかり飛べたことがとっても重要なんだ。
新しい板にして調子も上向きだよ。」
7)Bieler 10)Stecher 15)Gruber 16)Gottwald


2004.01.01 Garmisch-Partenkirchen
2)Hoellwarth 8)Morgernstern 15)Kofler 30)Widhoelzl 34)Koch 41)Liegle


2003.12.30 Obenhof
2)Gottwald 4)Bieler 10)Gruber 12)Denofl 13)Stecher


2003.12.29 Oberstdorf
2)Morgenstern 3)Hoellwarth 20Kofler 25)Liegle 26)Widhoelzl
29)Schwarzenberger 37)Koch 40)Goldberger


2003.12.20 Engelberg
ホルンガッハーコーチ「ヘルバルトの今日のジャンプは素晴らしかった。
そしてマテリアルの選択も良かった。」
3.)Hoellwarth 13(Kofler 15)Widhoelzl 18)Goldberger 24)Nagiller
26) Schwarzenberger 33)Liegle


2003.12.14 Neustadt
ビドヘルツル選手「板を何度か変えてみた。そうしたらアプローチの
スピードが上がった。今日 は理想的なコンディションではなかったが
それでも運が良かったと思う。
2)Widhoelzl 8 )Kofler18)Goldberger 20)Hoellwarth, 22)Schwarzenberger, 31)Nagiller 38)Koch 48)Liegle


2003.12.14 Predazzo
グルーバー選手「僕はこのために頑張ってきたんだ。これからも頑張るよ。」

ゴットバルト選手「今日はとても競っていた。でも僕だけでなくチームのみんなが
少しずつ調子 上げている。」
2)GOttwald 3)Gruber10. 10)Bieler 13)Stecher 20)Denfil 43)Zauner


2003.12.6 Tronheim
ホルンガッハー・コーチ「今日はとても難しいコンディションだったがヘルバ
ルトは上手く飛ん 。若い選手たちは今日の難しい状況で飛ぶのはいい
勉強になったのではないか。」
6)Hoellwarth 17)Goldberger 20)Schearzenberger 34)Kofler 37)Schneider 39)Widhoelzl 43)Liegle


2003.12.06 Tronheim
4)Gruger 6)Bieler 12)Gottwald 23)Denifl 32)Stecher 43)Zauner


2003.11.30 Kuusamo
ビドヘルツル選手「多くの選手はジャンプをするコンデョンでないと思って
いる。」
インナウアー部長「個人的にはキャンセルすべきだと思った。まるで
有料のお芝居かなにかみたいだ。こんな状態で収入を得るには、選手は
大きなリスクという代償を払わねばならない。」
7)Widhoelzl 11)Liegle 13)Schneider 37)Hoellwarth 53)Nagiller 62)GOldberger 70)Kofler


2003.11.30 Kuusamo
ゴットバルト選手「まあまあのシーズン・スタートなんじゃないかな。
ジャンプはまだ完璧じゃないけど、クロカンはとても調子がいい。」
4)Gottwald 5)Gruber 19)Bieler 29)Stecher 32)Denifl


2003.11.28 Kuusamo
ゴルドベルガー選手「2日前にとてもいい感触をつかんだので今日も自身を
持って飛べた。それが大きなアドバンテージになっていたんだと思う。
2本目に更にその感触が確かなものだ と感じた。」

インナウアーヘッドコーチ「もちろん理想的なスタートとはいえないが、
まぁ、こんなもんじゃないかな。ジャンプ週間とフライング選手権が大きな目標だ。」
6) Goldberger 9)Morgenstern 14)Kofler 15)Hollwarth 30)Widholzl 33)Ngiller 35)Schneider 45)Liegl


2003.11.28 Kuusamo
ゴットバルト選手「マテリアルのことよりジャンプに集中しなければい
けなかったよね。たしかにアッカーマンは強かったけど、
そんなに力の差は感じていない。」
5Gottwald 13)Bieler 14)Gruber 17)Denifl 25)Stecher 35)Zauner

2004/03/29

ウルリヒ君と娘

http://bz.berlin1.de/aktuell/sport/040327/ullrichs_baby.GNB3Q82/1_big.jpg

ヤン・ウルリヒは今寒いスペインでカタルーニャ週間というレースを走っている。もしかしたら娘のことを考えているかもしれない。。。 Berlin Zeitung紙にウルリヒは娘のザラ=マリアの写真をとらせてくれた。ウルリヒ・ファミリーがイタリアのルッカ(トスカーナ)でキャンプはっていた時の写真だ。「この子をだっこしているとね、とっても素晴らしい気分になるんだ。ああ・・腕っていうのは子どもをだっこするためにあったんだなって思うよ。」ウルリヒは生後8ヶ月の娘に風邪をうつされたらしい。にもかわらずご機嫌だ。 ウルリヒは父親の役割を楽しんでいるようだ。「ザラ=マリアのためなら何だってするよ。」しかしツールへの準備にむけて恋人のガービー.、,娘のザラ=マリアと別れなければならない。「僕の最初のテストはケルン一周だ。」と語った。 このクラッシックレースで”ウレ”は優勝し自信を取り戻している