2004/03/31

2004.03. News

2004.03.31 クーチン氏はポーランドチーム・ヘッドコーチ。 ホルンガッハー氏も・・・・・・
 かつての世界チャンピオンであるハインツ・クーチンはポーランドと
1年契約を結んだ。すなわちワールドカップ個人総合優勝3度のアダム・ マリシュを指導することになる。 更にレピステ氏の下でアシスタント・ コーチとして働いたホルンガッハー氏もポーランドのBチームのヘッド コーチとなりことを認めた。 「我々の目標は2006年の世界選手権までに 強いチームを作ることだ。私はトレーニングに関する自分のコンセプションがある。 ポーランドでは本当に自分自身の考えで働くことができるんだ。」とクーチン氏。

2004.03.30 「僕はもう一年続けるよ!」
 29才のチロラー、ヘルバルトは「僕はもう一年現役を続けることに決めた」と 発表した。今シーズンヘルバルトはザコパネで優勝、総合でもオーストリア最高の 5位で終えた。ヘルバルトはレピステ氏がフィンランドへ帰ってしまったことが残念 なようだ。「ハンヌとはいい関係だったことは言うまでもない。」と同時にポイントナー氏 との関係も非常に楽しみにしている。「僕はハンヌともっと協力していけないかなって思 っている。例えばパーソナル・コーチとして・・」「僕のほかにモルゲンシュテルンも同じよ うに考えている。」 ヘルバルトは妻のアレクサンドラとの間に2人目の子どもが生まれ ようとしている。息子のニコに妹のアンナが4月末に生まれる。   ゴルドベルガーはどうか。「人はもっと強くなるために新しいことに挑戦しなきゃならない。 もしくは違うものを求める。まったく違うことをするのもいいんじゃないかなって思うよ。」 とリンツでのインタースポーツのイベントで語った。しかし最終決定はバケーション後 にしたいとのことだ。

2004.03.29 FISによるウェイトコントロール構想?!
 ジャンパーは来シーズン以降、FISによるウェイトコントロールが行な われるだろう。先日FISの会合が行なわれた。そこに参加したインナウアー 氏が認めた。 WHOの報告では男性は180cmで60kgが最低ラインと報告 している。「非常に有意義な話し合いが行なわれ、満足いくものだった。」と インナウアー氏。最終決定は5月末の委員会でなされる。

2004.03.22 新コーチはポイントナー氏に決定!
 ポイントナー氏が次期コーチに決定した。33才のポイントナー氏はBチーム の責任者として、その前はリップブルガー氏、インナウアー氏とともに働いていた。 3年の契約となる。インアウアー氏はポイントナー氏の就任に関して「新世代の コーチの誕生」と喜んだ。 3人の父親でもあるポイントナー氏は「チームが私に もたらしてくれるであろうものに自信をもっている。そして、既に成功を収めた選手 たち、これから才能を開花させる選手たちと働くことができることはとても光栄だ。 私は期待に胸を膨らませている。そして選手とこの熱狂を共有できることを望ん でいる。」 「目標は団体でのメダル獲得だ。すなわち最強のチームを作ることだ。」  ポイントナー氏のアシスタント・コーチに関してインナウアー氏は「ホルンガッハー 次第だ。」と答えた。 ポイントナー氏とは3年契約。次の3年は05年オベルストド ルフ世界選手権、06年トリノ五輪、07年札幌世界選手権が開催される。

3004.03.17
インナウアー氏によると5月末、もしくは6月初旬にマテリアル、ウエイトコント ロール等に関する新ルールがFISで話し合われるとのこと。決定後にゴルド ベルガー選手とヘルバルト選手が現役を続行するかどうか決定するのでは と考えている。 コーチ問題に関してはポイントナー氏かフェルダー氏のどちらか になるとの見解を示した。

2004.03.09
ヘルバルト選手は奥様が妊娠中の上、息子さんが急病だとかでオーストリアに 急遽帰国。

2004.03.09 来年のコーチは誰??
 10日のクオピオ戦がレピステ氏の最後の試合となる。インナウアー氏と 話し合われた結果だ。 残りの3試合に関してはホルンガッハー氏が監督となる。  ホルンガッハー氏の来年に関してはいくつかの可能性がある。オーストリアの ヘッドコーチ、他のクラスの責任者、そして本人は「ポーランドをはじめいつくつかの 外国からオファーがきている」ことを認めた。 どうするのか?「もちろん僕の心は いつもオーストリアさ。でも何か新しいことにチャレンジするのも良いことだと思う。 で僕はどちらかというと少年たちのために働きたい。」

2004.03.06
クロメシェクヘッドコーチがシーズンを振り返り「みんなよくやったと思う。4選手が それぞれ表彰台に上がったんだから。こんな成功は今までなかった。 ただ優勝がなかったのが残念だけどね。」

2004.03.06
 シーズンを総合4位で終えたゴットバルト選手。あと3年(2005,2007世界選手権、 2006オリンピック)は現役を続ける意志とのこと。「今年はそんなに悪い年だった とは思わないな。このまま4月の終りまでトレーニングを続けるつもり。来年に向 けてね。僕はまだ勝てるって信じているんだ。たとえ今年それを証明できなくって もね。だってこのスポーツは僕にとってまだとても楽しいんだから。」