2004/06/27

ツール前の最後のレースはドイツ国内選手権。チーム・メートのクレーデン選手の初優勝に 貢献しました。
クレーデン選手「僕はこの3年間、病気や怪我で全く勝つことができなかった。 でもチームも仲間たちも僕を信頼し続けてくれたんだ。今日はチームが 僕をものすごくサポートしてくれた。 ヤンからもものすごいサポートを受けた。 ぜひツールでお返しをしたい。」
ウルリヒ選手「大切なのはチームの誰かが勝つことなんだ。クレーデンはチャン ピオンにふさわしい選手だ。彼が勝つことができて僕もとても嬉しい。」 

2004/06/25

2004.06.25

ゴルディのホームページが変わったよ。トップにゴルディらしい写真が・・(笑) http://www.andigoldberger.at/

2004/06/21

ツール・ド・スイスをわずか1.37秒差で総合優勝をかざったウルリヒ君。「僕は今日のタイム トライアルで勝ちたいと思っていたけど、総合で41秒差をひっくり返せるとは思っていなかった んだ。」ととても嬉しそうなウルリヒ君。ステージレースの総合優勝は99年ヴェルタの以来!
Q:ヤン、君はスイスは調整だって言っていたよね。勝ちには行かないって。騙したの?
Jan:違うよ。6日間もゴールデン・ジャージを着れるなんて考えていなかったよ。 そしてステージ優勝で始まるとも思っていなかった。僕はいつだってツール・ド・ フランスではいい走りが出来る自信があるんだ。でもここでこんな成功を収め るなんて思ってなかったよ。
Q:ツールの前に無理して総合を狙うのは危険じゃなかった?
Jan:全く違うよ。僕はここで自分をテストしたかったんだ。シーズンのハイライト にむけて調子を上げて行く為にね。そのためには限界まで走る必要があったんだ。
Q:ツールにどんなことを期待しているの?
Jan:もちろん総合優勝めざして戦うよ。僕の夢は7月25日にかなうんだ。 マイヨ・ジョーヌを着てパリに到着するってね。いつだってツールが一番大切さ。 そのためにハードなトレーニングを積んできたんだ。
Q:春先は成果があがらなかったね。
Jan :うん。残念ながらね。でも僕は楽観的だったよ。その後に2週間でいい トレーニングができたからね。
Q:最後の質問。アームストロングは6連覇を飾るのかな?
Jani:僕は他の選手の力を見くびるような間違えは起こさないよ。ランスはたしか に倒さなければならない相手だ。でもハミルトンやマヨにも注意をはらわなければならない。

2004/06/16

今シーズン初勝利をツール・ド・スイスの第一ステージであげたウルリヒ君。 後ろからチームメートのヴェゼマン選手が「追いかけろ!!」と叫んだことが始まりとか。。。。
ハロー、ファンのみんな ゴールポイントを2回通過したから、最後のコーナーはトップで通過しなきゃ いけないって思っていたんだ。そして思惑通りカメンツィンとイェーカーの前で コーナーを通過できたよ。ゴールデン・ジャージを着るなんて考えてもいなか ったよ。でもとても嬉しいんだ。これから厳しい山岳ステージが待ち構えてい るよね。でも僕のチームは強い選手がたくさんいるからチームの誰かが ゴールデン・ジャージを着ることができればいいと思う。僕はツールにむけて の調整をしていくつもりだよ。ヤンより

2004/06/10

ハロー、ファンのみんな 
ツール・ド・スイスにむけて荷物をまとめたよ。これからSurseeに向かうんだ。  ドイツ一周では僕のディーゼルが暖まりだしたと感じているんだ。スイスでは きっと僕のターボが働くよ。もし僕が山岳ステージで勝ちたいと感じたら、 もちろん(心拍数の)レッド・ゾーンまでいかなければならないと思っている。 スイス一周は4つのアルプス・ステージ(うち2つは頂上ゴール)があるから トレーニングには理想的だよね。 スイスでは限界まで試してみるよ。 ヤンより.

2004/06/06

新ルール

BMI(Body Measure Index)20がジャンパーの限界とされるようだ。 BMI20~25が理想体型といわれている。BMIによる規制が 今シーズンから適用されるようだ。スキー・ジャンプ協議会のこの提案を FISは受け入れるものと見られている。ちなみに180cmで60kgの場合 BMIは18。一部の選手しか是正されない可能性もある。 
<計測方法>   BMI=体重(kg)÷[身長(m)]2   
20以下 痩せすぎ   
21~25 理想的   
26~30 肥満1   
31~35 肥満2   
36~40 肥満3   
41~   肥満4

「まだまだジャンプしたい!」と現役続行のゴルドベルガー選手

アンドレアス・ゴルドベルガーはチュニジアでの1週間のバカンスの後、
ザルツブルクで現役続行宣言をした。ゴルドベルガーは精神的にも
肉体的にも04/05シーズンを目差す準備ができているという。 「僕は
昨年よりコンディションがすごくいいんだ。もちろん精神的にもね。」と
ゴルドベルガー。「もちろん、もういちど全力を尽くしたいんだ。だって
ジャンプすることはまだまだとっても楽しいんだ。」 来シーズンの目標は
もちろん世界選手権だ。「世界選手権ではもちろんメダル目差して戦うさ。」
来シーズンが最後になるのか、かつてのフライング世界記録保持者は明言
をさけた。「とにかく全力をつくす。それからどうなるか・・・ 見てみよう」 
ゴルドベルガーが最後に勝利を上げたのは1996年のハラコフ戦。これが
ワールドカップ20勝目である。この後、コカイン使用問題、ユーゴスラビアへ
の移籍問題等のトラブルに見まわれた。

ヘッド・コーチに就任したポイントナー氏

新しくヘッドコーチに就任したポイントナー氏がインスブルクで会見した。
33才のポイントナー氏はリップブルガー氏のもとで働いたあと、コンチネ
ンタルカップの責任者として2シーズンを過した。ポイントナー氏はジュニア
世界選手権で2つの金メダルをもたらしている。 3人の子どもの父親である
ポイントナー氏は新しい挑戦を楽しみにしている。「僕はこれからの仕事に
自信を持っている。選手たちとは過去に一緒に働いた経験もある。この情熱
が選手にも伝わればいいと思う。」 来シーズンの目標は「もちろん世界選手権
でのメダルだ。そのためにチーム力を高める必要がある。」 これからの3年間
は重要だ。2005年オーベルストドルフでの世界選手権 06年トリノ五輪 
07年札幌での世界選手権

1日36時間見張られているとこんな写真も撮られちゃうよね(笑)
http://www.faz.net/imagecache/{9F2C7FD7-BDF4-4584-B26A-9400E2F1CBCA}picture.jpeg

2004/06/04

先週ゴルドベルガー選手がポーランドチームとフィラハでトレーニングを行った。  現役続行でいいのかな?!

2009年のノルディック世界選手権はリベレツ(チェコ)で開催されることが決定。

ドイツ一周をトップから59秒遅れの総合7位で終了したウルリヒ君
「別に優勝するために、ドイツ一周を走ったわけじゃないんだ。
だからタイムトライアルの結果にはちょっと驚いているんだけどね。 これまでのハードトレーニングの成果がちょっとずつ出始めてきたよね。」 ドイツ一周を振り返って「僕のディーゼル・エンジンは動き始めたけど、ターボ・ エンジンはまだかな。」

2004/06/01

クーチン氏とホルンガッハー氏はポーランドへ

かつての世界チャンピオンクーチン氏はポーランドナショナルチームの ヘッドコーチに就任した。すなわち3度のワルドカップチャンピオンである マリシュを指導することになる。 と同時にホルンガッハー氏も未来のポーラ ンドを担う選手を育てるべく、コンチネンタルカップを率いることになった。  33才のクーチン氏は「マリシュをもう一度世界のトップに押し上げること、そして 2006年までにパワフルなチームを作ることが目標」と語った。マリシュのほか にも世界ジュニア選手権で優勝したルツコフスキら有望株はいる。すでにポーラ ンチームは4月末にインスブルクでトレーニングを開始している。「僕には自分 なりの理論がありポーランドでは多を任されているんだ。」と語った。 インナウ アー氏はクーチン氏やホルンガッハー氏がオーストリアを出たことに「私は喜んで 彼らと働くつもりだった。でも別の国に行きたいと思う人を誰も止めることはできないんだ。」と語った。