2004/06/21

ツール・ド・スイスをわずか1.37秒差で総合優勝をかざったウルリヒ君。「僕は今日のタイム トライアルで勝ちたいと思っていたけど、総合で41秒差をひっくり返せるとは思っていなかった んだ。」ととても嬉しそうなウルリヒ君。ステージレースの総合優勝は99年ヴェルタの以来!
Q:ヤン、君はスイスは調整だって言っていたよね。勝ちには行かないって。騙したの?
Jan:違うよ。6日間もゴールデン・ジャージを着れるなんて考えていなかったよ。 そしてステージ優勝で始まるとも思っていなかった。僕はいつだってツール・ド・ フランスではいい走りが出来る自信があるんだ。でもここでこんな成功を収め るなんて思ってなかったよ。
Q:ツールの前に無理して総合を狙うのは危険じゃなかった?
Jan:全く違うよ。僕はここで自分をテストしたかったんだ。シーズンのハイライト にむけて調子を上げて行く為にね。そのためには限界まで走る必要があったんだ。
Q:ツールにどんなことを期待しているの?
Jan:もちろん総合優勝めざして戦うよ。僕の夢は7月25日にかなうんだ。 マイヨ・ジョーヌを着てパリに到着するってね。いつだってツールが一番大切さ。 そのためにハードなトレーニングを積んできたんだ。
Q:春先は成果があがらなかったね。
Jan :うん。残念ながらね。でも僕は楽観的だったよ。その後に2週間でいい トレーニングができたからね。
Q:最後の質問。アームストロングは6連覇を飾るのかな?
Jani:僕は他の選手の力を見くびるような間違えは起こさないよ。ランスはたしか に倒さなければならない相手だ。でもハミルトンやマヨにも注意をはらわなければならない。