2004/08/29

2004.08.29 Steinbach-Halleberg (Nordic Cobimed)

result:1)Bieler 6)Gottwald 8)Denifl 2)B.gruber 32)Stercher

アテネ後初のレース

ハロー、ファンのみんな! この2日間で2つ勝つことができたよ。みんなの声援のおかげでヘッペンハイムとエッセンで勝つことができたんだ。応援に心から感謝しているよ!沿道の声援が僕を勝利へと導いてくれたんだ。僕は自転車競技が今でもとても楽しいんだ。次はニュルンベルクでのレースに出場するつもり。そこで僕のコンディションがどのくらいか確認するんだ。それまでのこりのシーズンについてなんら決めるつもりはないんだ。 ヤンより

2004/08/28

2004.08.27 Harrachov (Nordic Cobimed)

デニフル選手「僕のジャンプはまだまだだけど、ランで3位に入ったことはもち
 ろん自信になった。」
ビーラー選手「3位という成績はまぁまぁだ。ただ問題はロドウィックに対して
 なんら対処法がみつからないことだね。」
ゴットバルト選手「トレーニングの結果は必ずでると信じているんだけど、今日は
 ジャンプの悪いところがでてしまったね。」
シュテヒャー選手「また膝が良くなったことが何より嬉しい。トレーニングなしでいき
 なり試合にでて2位に入ったことに驚いている。」
クロメシェク・ヘッドコーチ「助走路のコンディションがあまりよくなかったので今日の
 結果をどうこう言うつもりはない。ただ選手自信が結果に自信をつけることは
 もちろん望んでいることだ。」
result:2)Stecher 3)Bieler 5)Gottwald 12)Kreiner 13)Dinifl 18)Gruber

2004/08/27

ビドヘルツル選手のHPより・・

 久しぶりに更新するよ。サマーGPの前半が終わって、後半がまもなく始まるね。ヒンターツァルテンでは僕もチームもとってもいい感じだったよ。僕も結果に満足しているんだ。いい感じってね、冬の本番にむけて順調にいっているってことだよ。団体戦はとても楽しかったよ。本当にものすごい気分だったよ。クーシュベルではちょっぴり残念だったな。だってトレーニングではとても良いジャンプが飛べていたからね。プレッシャーの下でジャンプするといつもいい結果になるとは限らないね。ザコパネではいいジャンプができると思うよ! 今はオーベルストドルフで合宿中なんだ。ジャンプ台はね、サマー用にしっかり整備されていているんだ。チーム自体もとても調子がいいし、もちろん僕自身も調子いいよ。今はポーランドでの試合が楽しみだし、そしてここで行われるジャンプ週間も待ち遠しいんだ。インスブルクでの試合の後、また書くね。 Swiderより

2004/08/23

アテネ五輪後のメディアからの批判に対するウルリヒ君の答え。。

ハローファンのみんな
僕のツール・ド・スイスでの成功はすっかり忘れられてしまったね。いくつかの理由のせいで・・ 僕はツール・ド・フランスとオリンピックで周りの期待にこたえることが、そして僕自身の期待に応えることができなかったからだ。その結果メディアの餌食にされている。みんなは僕について書かれていることの多くが誇張されていること、本当でないことをわかってくれているよね! 僕はいつもクールで冷静で計算高いスーパースターなんかではないんだ。欠点が何もないようなね。そして日々の生活のすべてがトップパフォーマンスにつながっているようなね。僕はたごく普通の人間なんだ。強いところと弱いところを持ち合わせた・・誰だって良いときもあれば悪いときもある。悪いときだってたとえ周りが僕を疑っている状態でも僕は戦うんだ。 このことは僕の本"Ganz order Gar Nicht"に書いたよね。いままでもそうだったし、これからもそうなんだ。
ヤンより

2004/08/22

2004.08.27 Berchtesgaden (Nordic Cobimed-team sprint)

グルーバー選手「今日の2位でまた自信をつけることができた。 

2位という成績には満足している。」 2)Bieler/Gruber 4)Gottwald/Kreiner 5)B.Gruber/Zauner

2004/08/21

2004.08.21 Bischobshofen (Nordic Cobimed)

B.グルーバー選手「地元の試合でいい結果を残せて嬉しい。でもこれはあくま
 でもサマーでの結果だ。冬もいい結果が残せるよう頑張りたい。」
ゴットバルト選手「ジャンプ台のくせになれる必要がある。でもまだ夏だ。本番の
 冬まで充分に時間がある。」
クロメシェク・ヘッドコーチ「みての通りラージでのトレーニングの必要性を感じている。
 ただ、結果にはとても満足している。みんなランで頑張ったからね。」
6)B.Gruber 7)Bieler 13)Zauner 17)Gottwald 20)Denifl 28)Kreiner 35)Gruber 39)Palli 40)Amon

シュテヒャー選手は右膝の半月版に問題を抱えているとのことで不出場。ただ来週のハラコフからはまた出場する予定。

2004/08/19

「頭の中が空っぽだったんだ・・」

 ウルリヒはオリンピックでの敗因の説明を迫られている。レース前は「メダルを取りたい。」と強気な 発言を繰り返してたが、実はかなり厳しかったよう・・オリンピック村を後にし、スイスの自宅へ帰る この日「シドニーの時とは全然違った。頭の中が空っぽだったんだ・・・とにかく今回はモチベーション を保つのが難しかった。」と語った。  なぜそのような状況だったのか・・ 彼は何も語らなかった。 それでも「僕にとって多分、最後の オリンピックになるだろうし、参加してとても楽しかった。でもオリンピックは最大の目標ではない。」 敗因に関して、「オリンピック前、多くのレースを走りすぎたかな。僕の体重は今71kgしかないんだ。 これより減ったのは98年のツールでハンガー・ノックにあったあの日以来だね・・」  今後の予定はどうなるのか。「週末のチューリッヒ選手権はアップ・ダウンが多いから今の体重の 方がいいかもね。とにかくチューリッヒではもっといい結果がだせると信じている。」6週間後に開催 される世界選手権はどうなるのか?「何とか世界選手権を次の目標にしたいんだ。でも参戦するか どうかはまだ決めてない。」 ツール、オリンピックでもパフォーマンスを受けて「限界説・引退説」も 飛び交うようになった。「僕はまだ自転車レースが楽しいし、もっともっと成功が欲しいんだ!」と否定した。

次の目標は世界選手権!

あるサイトの「五輪で最も期待はずれだった選手」で65.7%もの得票率を得ているウルリヒ君
(2位は18日に銅メダルを獲得したファン・アルムジーク選手(18%) 8/18深夜現在)
いかに大きなプレッシャーがかかっていたかがわかります。  そんなウルリヒ君のインタビューその2
Q:今日の結果をどう説明するつもり?

Jan:うん、でも何となく金メダルは難しいな・・っていう予感はあったんだ。
でも全力で戦ったんだ。残念ながら今日は走りに十分な”パンチ”が足りなかった
ね。
Q:チャンスを逃してどんな気分?
Jan:もちろんとても残念さ。今日はとっても疲れた。でもオリンピックの雰囲気を
とても楽しめた。何とか一桁の順位を保てたしね。
Q:なぜアテネではうまくいかなかったのかな?
Jan:たぶんたくさんのレースを走りすぎたからかな。僕は五輪前のワールドカップ
は良い調整になると思っていたんだ。でも今日メダルを獲得した選手たちはそういった
レースを走ってないよね。多分彼らの選択の方が正しかったんだと思う。
Q:これからの予定は?
Jan:僕のコンディションはそれほど悪くないから週末のチューリッヒ選手権を
走るよ。その後は、2週間くらい休みたいな。そしてヴェローナでの世界選手権で
アタックしてメダルを目指したい。

2004.08.18 Men's Time Trial, 48km

まさかまさかのTT7位。。。
Q:今日の結果にどれくらいがっかりしている?
Jan:そりゃとてもがっかりしているさ。でも僕は一度オリンピックに勝っている
からその意味では悲しみも軽減されると思う。確かにこのオリンピックは僕の
競技生活で最後のチャンスだったけど、でも僕にはもう二つのメダルがある。
だからOKだ。時にはシドニーのようにうまくいくこともあれば、時にはこんな
ことにもなるさ。今日は7位だった。それが結果さ。
Q:でも7位だよね。満足しているの?
Jan:トップ3の選手はここ数週間のレースから充分回復しているんじゃないかな?
タイラー・ハミルトンはツールを10日間でリタイヤした。他の選手もちょっと休んだり
している。僕はレースをフルに走ってきたからね。もちろん今日は全力で戦ったさ。
でもうまくいかなかった。僕ももっと賢くならなきゃいけないね。
Q:暑さの影響もあったんじゃない?
Jan:暑さは関係ないよ。コースがきつかっただけ。最初の12kmで「今日は厳し
いな」って気がついていた。
Q:今シーズンを振り返ってどう思う?
Jan:今シーズンはそんなに悪くないんじゃないかな・・・ 認めるよ。確かにオリ
ンピックでメダルに手が届かなかった。僕はオリンピックに参加するためにやって
きたんじゃない。でもここでの経験はものすごいものだった。そして大切なのは
シーズンはまだ終わっちゃいないってことだ。
Q:次のレース予定は?
Jan:日曜にチューリッヒ選手権に出場する。その後少し休みたい。そして多分
イタリアでの世界選手権を目指すと思う。もしメダルが狙えるようならね。
Q:先日の新聞にオリンピック旅行者のような君の様子が載っていたね。
(白ビールで乾杯していた記事)それに対しての意見は?
Jan:エリック・ツァベルの4位入賞をみんなでお祝いしただけ。それ以上のことは
ないよ。残念ながらドイツの有名人はいつもそんな風に報道されるよね。
result:1)Tyler Hamilton 57.31.74 (50.062 km/h) 7)Jan Ullrich +01.30.30

2004/08/17

Happy end ?!

スポーツマンらしくない行為として激しく批判されたアルント選手。本人も 「よくない行為だった。」と謝罪しました。 ロスナー選手は現在37歳「今年で 契約が切れるの。そしてそのまま引退するかもしれない。 でもこれからも ジュディスをサポートしたいわ。」 ふたりは8年間ライプツィヒで一緒に暮らし、 将来には結婚を考えているとのこと。アルント選手は2008年の五輪こそ 気持ちよく金メダルをめざしたいとのこと。(でもその前にTTで金の可能性 があるけど・・・)

 オリンピックのTT金メダルをウルリヒ君のコレクションに手が届いた場合、 ウルリヒ君は休暇に入る模様。「イタリアでの世界選手権に出場するのは コンディションが保てて金メダルが狙える場合のみ。」 週末のチューリッヒ選手権 に出場し、その後の予定を監督と話し合うとのこと。6月のスイス一周からずっと プレッシャーの下にあったことでかなりストレス疲れをしている様子。

 ウルリヒ選手とファン・アルムジーク選手(競泳)に大きなプレッシャーが メディアからかかっている。 ウルリヒ君はTTのコースを下見して「とても難しい コースだけど、自分に向いていると思う。風が結果に大きく作用するんじゃないか な。風への対策も充分に行う必要がある。もちろん自分にとっても期待している。」 ライバルとされる同じドイツのリッヒ選手も「このコースは僕向きだ。」と意欲的。 クンマー監督は「二人とも持っている強さを発揮すればメダル獲得できる。」と期待 を寄せている。 リッヒ選手は17時09分 ウルリヒ選手はラスト・スタートの17時18分スタート予定。

2004/08/16

アルント選手が中指をたてたのは・・・

 ドイツに最初の銀メダルをもたらしたアルント選手はゴールで中指をたてて みた。「キャリガンに向けてじゃないわ。世界最高のスプリンターであるペトラ・ ロスナーを選出しなかったドイツの連盟に対してよ。もし彼女がいればもっと 違うレースができた。ドイツは金メダルを逃したようなものだわ。」  ドイツ連盟はバルセロナオリンピックの3000mパーシュート金メダルで今年の ドイツチャンピオンのペトラ・ロスナー選手でなく23歳のアンジェラ・ブロトカ選手を 選出した。  アルント選手は選考への不満から五輪への不出場をちらつかせたこともあった。 「確かに私の行動はよくなかったわ。でも私はトップ・スポーツ選手である前に 一人の人間よ。感情をコントロールできなくなることもあるわ。」  ロスナー選手が選出されなかったのは「コースが彼女に向いていない為」という のが連盟の言い分だ。ロスナー選手は「この五輪を私のキャリアのハイライトに したかった。でも連盟は私を拒否した。もっともな理由もなしに。だって男子では エリック・ツァベルが選ばれているじゃない。」  ドイツ自転車連盟会長は「あの行為で彼女は自分で自分の価値に傷をつけた ようなもの。よくない行為」 オリンピック連盟の会長も「もちろん彼女の銀メダル は嬉しい。でもスポーツマンらしくない行動は批判されるべきだ。」と厳しい発言。  なお、国際自転車連盟はアルント選手に対して、200スイスフランの罰金を 課した。  アルント選手とロスナー選手は同じチーム(Team Nurnberger)で走り、ライプ ツィヒで一緒に暮らす仲。そんな”友人”としての個人的な感情が出てしまったんで しょうね。 http://www.faz.net/imagecache/{1C8E53A4-C32F-4899-B068-3DEA4091A6D7}picture.jpeg

2004/08/15

サマーGP第一戦2位のシュテヒャー選手は右膝が痛むとのことで第二戦は 不参加。16日に検査を受ける模様。

2004.08.15 Oberstdorf (Nordic Cobimed)

ビーラー選手「今日の5位はとても価値あると思う。だってkandenbergの試合  より全体的にレベルが高かったからね。僕は今シーズン総合争いができる  って確信しているよ。」 クライナー選手「15位で満足だ。だってまたジャンプが楽しくなってきたし、ラン  でもゴットバルトについていけたしね。」 クロメシェク・ヘッドコーチ「8日間のジャンプの集中トレーニングをしてきた。  でもまだ、今日の時点でその成果がでたとはいえないけどね。」 result: 5)C.Bieler 10)Gottwald 15)Kreiner 17)Zauner 18)B.Gruber 22)Denifl 26)M.Gruber 38)Klapfer

2004.08.15 Women's Road Race, 118.8km

result: Sara Carrigan (Aut) 3.24.24 2) Judith Arndt (Ger) +00.00.07

post-race comments

Jan Ullrich (19th) 「もちろんシドニーでの成功を繰り返すのはとても難しいとわかっていたさ。  たとえ調子が良くってもね。僕が前の二人を追うために攻撃に出たとき誰も  一緒に行こうとしなかったんだ。みんな暑さのせいで力をセーブしたかったの  かも知れないよね。」 「残念ながらベッティーニのアタックに反応できなかった。 彼がアタックした時  集団の中にいたから反応できなかったんだ。でも前を行く二人がそのまま  逃げ切るとは思っていなかった。だって上りで20mにまで詰めたから。 残念  ながら追走集団は意思の統率がとれてなかったね。ツールには 8人のアシ  ストがいるけど、ここでは3~4人だもんね。 どこの国のリーダーも 顔を見合  わせるばかりで、二人はさらに先へ行ってしまった。まぁ何にしろいいレースだったよ。」 「TTに対しては楽観的だよ。だって調子はいいからね。今日の上りは僕向きでは  なかったよ。ベッティーニ向きだったね。」 「ベッティーニはオリンピックチャンピオンにふさわしい選手だ。彼は今日ずっと集団の  前にいた。彼のチームをいい仕事をした。パオロはすばらしいアタックをした。後方  から一気にね。」 http://www.faz.net/imagecache/{2C8F97FE-712C-4142-BC46-806C66BBCF24}picture.jpeg Jens Voigt(64th) 「僕は個人的にはがっかりしてないよ。僕らのチームはハードに働いたしエリックを  スプリントで勝たせるために最後まで力を尽くした。そしてエリックは集団の頭を  とって4位になった。もちろん誰だってメダルが欲しいさ。での4位という成績は悪く  ないんじゃないかな。僕らはレースを支配しようとした。そして逃げを潰した。僕らは  多くの責任を果たした。その結果が4位だったんだからね。」

Whitebeer !

レース後ホワイトビールを飲むウルリヒ君だち。しっかりキャッチされました(笑) http://www.bild.t-online.de/BTO/Startseite/buehnen__teaser/2004/08/150804/01__ullrich__home,property=Bild.jpg http://www.bild.t-online.de/BTO/sport/olympia__2004/aktuell/08/15/buehnenteaser/01__ullrich__olympia,property=Bild.jpg

2004.08.14 Men's Road Race, 224.4km

「登りが僕には短すぎたね。まぁそういうことだ。でも僕の調子はいいよ。 (TTの)距離もそこそこあるから僕向きだね。ぜひメダルを獲得したい。 アテネの暑さもそんなに気にならない。」とウルリヒ君はゴール地点で コメントしています。  result :1)Paolo Bettinni(Ita)05:41:44 .. 19)Jan Ullrich(Ger) +00:00:12 Photo http://www.faz.net/imagecache/{7E6EC36D-C46F-43CA-9B86-944D68CF159D}picture.jpeg http://www.faz.net/imagecache/{09D1F613-0CD7-4083-9C08-84AE0371D3F4}picture.jpeg http://www.faz.net/imagecache/{8909DBBF-6B7A-4239-805D-E73AA33D8826}picture.jpeg

2004/08/13

2004.08.13 Kandersteg (Nordic Cobimed)

複合サマーGPはグルーバー選手の初優勝で開幕。「ここ数日のトレーニング でうまく飛べてなかったから嬉しい」とグルーバー選手. result:1)M.Gruber 2)Stecher 4)B.Gruber 10)Zauner12)Gottwald 16)Kreiner 17)Wilhelm

オリーブを撒いたのは誰?!

12日の夕方にアテネ入りをして13日午前9時からドーピングコントロールの予定・・ ところが、 1時間以上待ってキャンセルが通知されてしまう。クンマー監督は「全く、今日のスケジュールが すべて狂ってしまったよ。」とお怒り。   ハロー、ファンのみんな   昨日、アテネにやってきたよ。今日は急遽ドーピングコントロールの予定が キャンセルされてしまったよ。 ローラー上でのトレーニングしかできそうにないよ。   クレタでのトレーニングで落車してしまったけどたぶんどこも怪我してないよ。 たぶんオリーブかなんかで転んでしまったのかな?!コーナーで突然落車してしまったんだ。  腕に、何箇所かすり傷を作ってしまって、包帯を巻いているけど見かけほどひどい 傷じゃないんだよ。  後で、コースを軽く下見にいくつもり。重要なポイントを押さえるためにね。  コースは18周の周回なんだ。だから勝負が始まるまでにカーブや石畳など 注意すべきところはきっちり頭に入ると思うよ。 ヤンより

複合サマーGP

クロメシェク・ヘッドコーチ「今年はいろいろトレーニング法を変えてみた。  これまでよりさらに春に集中してトレーニングに励んだ。」 フェルダー・コーチ「まだ今シーズン外国勢の調子を全くみていないので我々が  どのレベルにいるのか確認する上でとても楽しみだ。」 グルーバー選手「僕のジャンプはまだ完全じゃないけど、トレーニングは全体的に  うまくいっている。」 ビーラー選手「ノルウェーのコーチからクロカンの指導をうけたおかげでクロカンの  レベルは向上したと思っている。とにかく夏・冬両方のレースが楽しみだ。」 シュテヒャー選手「ジャンプはとても安定してきたんだ。サマーGPでもいい成果を  上げられると思う。」 クライナー選手「また厳しいトレーニングに戻ってこれてとてもうれしいんだ。そして  また試合に出られることがとてもうれしい」 複合サマーGP日程 8/13 Kandersteg , 8/15 Oberstdorf ,8/21Bischofshofen 8/22Berchtesgaden ,8/27Harrachov ,8/29 Steinbach-Hal.

2004/08/12

ドイツでメダル獲得第一号が期待される男子ロードレースは14日に行われる。 「僕らのチームの誰もプロトンの中で走るだめだけにアテネに行かない。大切 なのは国の為にチームの誰かを表彰台に送り込むこと。僕の調子はとてもいい。」 とウルリヒ君。アテネ入りを他国より遅らしクレタ島で調整するドイツ勢(とカザフ スタン勢)。ドイツチームの監督を務めるT-mobileのクンマー氏は「静かな環境で 集中して調整する必要があった。」と述べている。

2004.08.12 Poehla (ski jump-lady)

result: 1)Ganster 2)Irashko 5)Drage

2004/08/10

2004.08.10 Kligenthal (ski jump - lady)

Result : 2)Ganster 4)Irashko 7)Drage 21)Sheilfridsberger

2004/08/09

2004.08.09 クレーデン選手の移籍先は?

 今シーズンでT-Mobileとの契約が切れるクレーデン選手。ツール前にT-Mobileとの 2年契約をゴデフロート氏に申し出たもののゴデフロート氏は首をたてに振らず・・・  ツールでの総合2位という成績を受けて状況は逆転。  ゲロルシュタイナーのホルクツァー監督は噂とは違いクレーデンに オファーを出していない模様だ。「クレーデンがマーケットに出ている ことは知っている。だがチームのコンセプトにクレーデンは合わない。 我々の目標は若くて有望な選手を集めること。」 ヴェッヒマンをはじめ として26歳以下の選手と2年~3年の契約更新を済ましている。  レベリンとは契約更新、グランツールのリーダーとしてトーチュニッヒ、 スプリンターのホンドがいる。 クレーデンにはT-mobileを含め7つのオファーがきている。

2004/08/08

2004.08.08 Bischofshofen (ski jumping-lady)

result:1)Iraschko 2)Ganster 6)Drage 9)Seifriedsberger

2004/08/07

2004.08.07 Courchevel (ski jumping)

昨年サマーGPを制したモルゲンシュテルン選手。今年も第1戦2位、 第2戦 4位と好調。 「サマーGPでは総合優勝とかでなく、いいジャンプが できれば いいなと思っている。だってまだ夏だしね。ジャンプはやっぱり冬の 競技だもの。 僕の目標はジャンプ週間と世界選手権さ。」 result : 2)Hoellwarth 4)Morgenstern 6)Liegle 8)Schwarzenberger 18)Schneider 22)Widhoelzl

2004/08/01

2004.08.01 Hinterzarten (ski jumping)

result: 1)Austria (Widhoelzl, Schwarzenberger, Hoellwarth, morgenstern)