2004/10/07

「今年はまさに"Beer-Ulle"だったよね。」  (Süddeutsche Zeitungより その2)

Q:今年はテレコムに戻ったけど、昔に戻ったってことなのかな?
Jan:全く違うよ。今年は僕には”自由”があったんだ。僕が欲しかった自由がね。でもルディ・ペフェナージュがチームにいないのは僕にとって良くないことだ。
Q:そのことを軽くみていたってことはある?
Jan:うん。僕はそういった影響を受けやすい選手だからね。僕にとってルディが五番目のチームカーに乗っているなんて嬉しくない状況だね。そのことがずっとストレスになっていた。まだ解決法は見つかってないんだ。
Q:チームのボスであるゴデフロート氏はそのことについて話し合う意思がないようだね。
Jan:うーん。でもスポンサーは結果を欲しがっている。そしてチームも結果を欲しがっている。ゴデフロートが自転車を持ち出して、ツールに勝ちにいくわけじゃないんだ。僕にはどうしても理解できない。なぜプライベートのいざこざを持ち込むのか。そしてチームがその被害をこうむらなければならないのか。。
Q:ゴデフロート氏がツール後に語ったことで、あなたも不快感を現したね。その後は?
Jan:僕らは話し合った。あのインタビューは本当に僕を悩ませた。だってちょうど・・大切なタイムトライアルの直前だったからね。ツールが終わる前にボスが個人的に述べた。僕は本当に残念だったよ。
Q:クレーデンも最近ゴデフロート氏への不満を述べたね。そしてチームの雰囲気も・・
Jan:・・・それはもう過ぎたことで今は良くなっているよ。