2005/01/17

ビドヘルツル選手は通算18勝目

クルムでの優勝と2位でビドヘルツルは久しぶりに関心の的となった。彼は期待を背負う立場であることを受け入れているようだ。「いつだってストレスは目の前にあるさ。」休んでいる暇はない。週末にはノイシュタットでワールドカップが開催され、翌週はザコパネだ。「(世界選手権まで)まだ充分な時間がある。調子が上がってくれば、特にいろいろする必要はない。自然と仕上がっていくんだ。」 ビドヘルツルは世界選手権前の札幌戦(2/5-6)にも参戦する予定だ。世界選手権(2/16-)のメンバーを決定するまであと数試合インナウアー氏とポイントナー氏は様子を見ることにしている。だがビドヘルツルらは今シーズンのハイライトである世界選手権の前に少しリフレッシュする必要もあるかもしれない。複合勢が札幌戦(1/25-30)のあとしばらく休暇を予定しているように・・・インナウアー氏はクルム戦の結果に非常に満足している様子だ。ビドヘルツルの調子が上がっていることを喜び、モルゲンシュテルンは「成長の時期」と位置づけている。ヘルバルトに関しても「彼はラージでまた強さを発揮するだろう。」と楽観的だ。