2005/03/14

複合勢のモットー「シーズン後はシーズン前」

「今シーズンはいつも3位だった。だからこそ来シーズンはもっと上を目指さなければならない。」クロメシェク・ヘッドコーチはシーズンを振り返った。週末のオスロ戦でシーズンは終わった。他国の選手はオフに入るであろう。しかしオーストリアの複合勢は2001年からシーズン終了後、すぐに翌シーズンの準備に取り掛かっている。「05/06シーズンのために基礎となるトレーニングを4月20日頃まで続けることになる。」 マテリアルテストに始まる一連のトレーニング・ユニットはラムサウで始まり、その後チロル州、ザルツブルグ州へ移動する。「チーム全体にいえることだがクロカンの力をもっと伸ばさなければならない。マス・スタートでも上位に位置できるようにね。」オリンピックは個人・団体・スプリントともに伝統的な方式(ジャンプの後、タイム差でクロカンをスタート)になる予定だ。オーストリアはライバルのドイツなどに対しジャンプでリードをし、クロカンで逃げ切りたいと考えている。「 ドイツはジャンプに関しては最強チームとはいえない。ただクロカンの力はある。我々は団体に出場する4選手がそれぞれ10秒ずつ早く走ることができれば団体優勝に手が届くと思っている。」とクロメシェク氏は語った。